骨粗しょう症が心配。予防ってできるの

骨粗しょう症って聞いたことがありますか。

歳をとってから骨がもろくなって、ちょっとした動作で骨にひびがいったり骨折してしまう症状のことのようです。

くしゃみで肋骨にひびがいったり、転倒して足を骨折して寝たきりになる、なんてちょっと考えてもいやですよね。

お年寄りの病気は病気なんですが、若いころの生活や健康が関係しているので、最近ちょっと考えてしまいます。

というのも、私はどうも骨密度が低いみたいです。

女性はもともと男性より骨密度が低いのですが、私はそれほど昔から運動もしないし、体重も少ないので、骨への刺激が少なくて骨密度が低いのかもしれない、と健康診断で言われました。

骨密度は中年になるとさらに低くなってしまうようで、今からでもピークを高くしておくことが大事だとか。

まあ、うんちくはさておいて、カルシウム、ビタミンをしっかりとるように言われました。

牛乳とか?野菜かな、やっぱり。

カルシウムと行ってもどれくらいとればいいのか、分からないのでちょっと調べてみました。

専門的なサイトも沢山あって、勉強になります。

一つ気になったのは、私のように若い人で骨密度が低いと言われたしまった方のブログです。

私のような人がけっこうほかにもいるんですね。

同じようにカルシウムの摂取を気を付けておられるようなので参考になります。

こちらのブログです。

→骨粗しょう症予防

女性の方でやせ形の人は一度測ってみるといいかもしれません。

器具が必要ですが、診察時間はとりませんし、会社や市町村などの健康診断でも気軽に受けられると思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク